広島市安佐南区の社会保険労務士事務所石山社労士事務所スタッフブログ

石山社労士事務所のスタッフの日常や企業の労務管理担当者に有益な情報を発信いたします。

配偶者控除が見直されます。

みなさま、こんにちは。

 

先日は、雪も降り、気温もまた一段と低くなりました。

お体、お気を付けください。

 

 

さて、本日の内容ですが、配偶者控除の取り扱いが変更されます。

 

平成30年分以降の配偶者控除の控除額が改正されます。

【所得控除額38万円の対象となる配偶者の給与収入の上限を150万に引き上げる】

というものです。

(現行の配偶者控除の対象となる給与収入の上限は103万円、この103万円を150万円に

 引き上げるというものです。)

・ただし、給与所得者の合計所得金額が1,000万円(給与収入の場合1,220万円)

 を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができません。

 

 

②併せて、配偶者特別控除の控除額が改正されます。

【対象となる配偶者の合計所得金額が38万超76万円未満→38万超123万未満となる】

 というものです。

 つまり、給与収入の場合で考えると、これまでは、配偶者の収入が103万円までは、

所得控除額が38万円あるが、そこから段階的にさがっていき、配偶者の収入が141万円

以上になると、所得控除額が0になっていたが、

 

給与収入が103万円から、150万円までは、配偶者特別控除の枠として、所得控除額が

38万円あり、150万を超えると、所得控除額が段階的に下がっていき、収入が201万円

以上になると、所得控除額が0になるというものです。

 

 

この改正の背景には、社会の実情は大きく変化しており、女性の就業が進んでいます。そんな中、「103万円に抑えないと、夫の税法上の扶養からはずれてしまうから、

もっと働ける・働きたいけど、時間を抑えている」方も多くいらっしゃいます。

つまり、働く意欲はあるのに、就業調整を行っている方が、働きやすい制度・社会になるようにということがあります。

 

 

今後、内容は発表されていませんが、平成31年9月頃までに、更なる適用拡大について検討するとされています。

また、ご報告できればと思います。

 

繁實